>

許可と返品について

「中古品」の販売業を行う

自分が使用していた「中古品」を販売するときにはいりませんが、他者の「中古品」を購入して販売するという人は「古物商の免許」が必要になります。

「中古品」から収入を得る場合や、継続して売買を行う場合は、「古物商許可」を取得しなければなりません。
「古物商」とは「古物商許可」を得た人のことです。
「古物商許可」を警察署の防犯係に申請します。
個人で販売を行う場合は、住民票、身分証明書、誓約書などが必要となります。

他者からタダで貰ったものや「中古品」を買い取って使用した後に再度、売りに出す場合には、許可はいりません。
ただし、これらの場合であっても継続的な売買を行っていると、「古物商許可」が必要とされることがあります。

「古物商」の許可を得ずに、「中古品」を売買した場合は、懲役または、罰金が科せられます。

返品について

中古品を購入する際に「返品不可」や「ノーリスクノーリターン」と記載があることがあります。
しかしながら、これらは、何があっても返品には応じないと言うことにはなりません。
なので、必ずしも返品ができないというわけではありません。

また、出品者は返品に応じなくても良いということにはなりません。

「返品不可」や「ノーリスクノーリターン」というのはあくまで、注文通りの商品が届いた場合に有効になります。
なので、届いた商品が記載されていない不具合がある場合や届かないという場合は、返品しなければなりません。

「返品不可」や「ノーリスクノーリターン」というのは、何があっても返品は受け付けなくても良いという意味ではありません。
注文した商品の提供が問題なく行われた場合に、返品、返金を受け付けないという意味です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る