>

中古品について

ネットで購入する場合

ネットのおかげで、簡単に「中古品」を購入することが出来るようになりました。

「中古品」と聞くと定価より安いと言うイメージがありますが、必ずしもそうとは限りません。
個人で「中古品」を出品している場合は、値段を好きに設定することができます。
なので、新品の値段よりも高い値段で出品されているものがあります。
購入する際は、正規の値段を把握しておくことと、同じ商品が中古でいくらで売られているか比較した方が良いです。

「中古品」を購入する際には、まず、出品者に質問をしましょう。
自分にとって気になる部分を聞く方が、求めていた機能が利用できない、届いた品物に傷や汚れがある、サイズが合わない。
などのような届いた後に思っていたものと違うといった事態を避けられます。

リサイクルショップで購入する場合

「中古品」を購入する時に、お店を構えたリサイクルショップだから安心というわけではありません。

お店で商品を購入しますが、購入する品物は「中古品」であって、新品ではありません。
「中古品」は、基本的には一度使用されたものなので、商品には傷や汚れがあるものです。

リサイクルショップで何か大きいものを買う場合は、組み立て式かどうか店員に確認しましょう。
組み立て式の場合、すでに組み立てられていて良いように思えますが、歪んでいたりネジが無いということがあるので気を付けてください。

電化製品などは、リサイクルショップでといっても、細かく動作確認を行っているわけではありません。
また、パッと見ただけでは分からないところに傷や汚れがあることがあるので、しっかり確認しましょう。

現物が目の前にちゃんとあるので面倒くさがらずに傷や汚れ、どこまで動作確認をしたのか店員に確認することが、損をしない秘訣です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る